« 再生式 | トップページ | SWRメータ製作/設備一式完成 »

2005年4月13日 (水)

QP-7

2005_0320_012143AA ミズホ通信が出しているQP-7 7MHz CW送信機キットです。

昔から名前だけは広告の隅にいつも出ていたので知っていたのですが

実際に現物を見たのは最近です。

なにせ、いつも広告は文字だけで写真が無かった!

このたび、再開局にあたり製作したのですがこれって、なかなかうれしいキットです。

値段が3000円、製作も約1.5時間。あっけないくらい簡単に出来ます。

これって、高校生とかで作ってたら結構はまったんじゃないかな。

4石ラジオとか組める実力のある人ならへのかっぱです。

これで、送信機ってんだから実にうれしい。

メーカー製の100万円のトランシーバーでCWやってるより、はるかにいいねこれは

残念なのは、あのミズホ通信がついに業務縮小された事。

でも、このキットはこれからも細々と供給が続くそうです。

|

« 再生式 | トップページ | SWRメータ製作/設備一式完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99463/3693226

この記事へのトラックバック一覧です: QP-7:

» QP-7のトランシーバー化 [アマチュア無線局運用日誌(JA7FYF LOG)]
 A1クラブで御世話になっている下社(UK/JI2MED)さんの製作の自作QRPトランシーバーだ。  ミズホのQP-7にVFOとDC?受信機を組み合わせた、トランシーバになっている。基板を重ねたり、アンテナ切替リレー周りの配線に工夫と苦労の跡が見える。  昨年の夏に、当方が道の駅「いたこ」に移動したとき、このトランシーバーで交信を頂いた。トーンもきれいで、とてもしっかりした信号だったと記憶している。... [続きを読む]

受信: 2005年4月23日 (土) 04時46分

» 同じコトを考えている人は多い [Notes On Notes]
 先日、ミズホ通信の7MHz CW 送信機キット QP-7 を購入したことに関して記事を書いた。いずれは受信部も自作してトランシーバーに仕上げたいとは思っているのだが、同様なことを目標にしている人は思... [続きを読む]

受信: 2005年5月11日 (水) 05時34分

« 再生式 | トップページ | SWRメータ製作/設備一式完成 »