« あーしんど | トップページ | 昨今の大学進学資金 »

2005年9月25日 (日)

ブレッドボードで実験実験

050925_1420.jpgこないだ仕入れてきたブレッドボード。

その前に仕入れてきた、デジタルテスタとファンクションジェネレータ(会社のごみ捨て場より救出)を使って、FETの動作実験してみました。

こんなこと、本来 電気or電子学科の大学の1年生の実験なのですが、当時は使うことを考えてリアルにデータ取ったりしなかったので、今回あらためてやってみました。

かあちゃんと、子供たちがお出かけした後にコッソリ(なんでやねん!)テーブルに一式セットして・・・

FET(2SK192A)、抵抗を用意して、測定器を配線配線♪

なんか、懐かしいですね!

で、結果は〜? ちゃ〜んとデータシートのとおりでした!!

でも、改めてやってみると、ものすごく納得できますよ!!

Idの変化でゲインが変わるのも観察できます。

その他は、今日は以前作った、「再生式ラジオ」の中身換装をやりました。

娘の作った、タイ製ラジオキット(LA1050相当使用)が思いの外良く ちょっとうらやましくなって私の通勤ラジオになっていた、「再生式ラジオ」をミツミのLMF501(これもLA1050相当)に中身入れ替えました。

ストレート式とは言え、AGC35dB、ゲイン70dBの威力らしく、再生式よりはるかによく聞こえます。

バーアンテナ、バリコン、AFアンプはまったく同じなんですけどね。

時代の差ですね、再生検波方式アメリカで開発されたのが、1913年。

100年近く昔ですもん。繁々とワンチップICを眺めてしまいました。

|

« あーしんど | トップページ | 昨今の大学進学資金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99463/6117551

この記事へのトラックバック一覧です: ブレッドボードで実験実験:

« あーしんど | トップページ | 昨今の大学進学資金 »