« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

クリスマスツリーの電飾

11月も下旬となり、今年もあと少し。クリスマスも近いのでクリスマスツリーの電飾を作ってみました。

せっかくなので今年は張り込んで、「本当の木」でやってみようと言う事になり、木はゴールドクレストにして(そんな大きいのは無理)電飾は自作してみました。

DSCF0022 http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/autoblink/autoblink.html

↑ここの、いちば〜ん下の右端にある回路を製作しました。

自己点滅の発光ダイオード1個に対し、普通の発光ダイオード3個の組み合わせで、銅線に空中配線で作りました。

買い物は、町田市の「サトー電気」にチビ共と行き、おじさんに「おおぉ!この娘が作るの?!」っと驚かれながら(娘がお買い物)

帰りがけに、隣町の大和市「ユザワヤ」でゴールドクレスト(609円)とそのほかの飾りを買ってきました。

さらに、近所の100円ショップで電池とケースを買ってきて、とりあえず娘が1本目の電飾を作りました。

1本では自己点滅発光ダイオード1個に、普通の発光ダイオード3個の計4個なのでイマイチでしたが、さらにチビが寝た後、私がもう一組作りました。

さすがに、8個飾ると結構にぎやかです(^^)

来週は、もうあと2組つくり緑、黄、赤の3色で、計16個の電飾にしてさらに、リボンを飾ってクリスマスツリーを完成させます。

最近は、家の窓とかに電飾を飾る家も多いので、我が家も窓際に置いて夜中光らせています。

発光ダイオードだと消費電力少ないので、電池でもつけっぱなしでOKです。

この自己点滅型の発光ダイオードを使うと、簡単に点滅する電飾が作れてなかなかお勧めです。

町で売っている安い電飾は点滅しないのよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ダイレクトコンバージョンのDC対策

DSCF0020_edited 未だ、交信にいたらず悲しくも腕ばかりが痛くなるこのごろですが

夜の放送局対策にノッチフィルタ+複同調回路を組んでみました。

受信していると飛び込んでくるのは、夕方の平壌放送(7580kHzか?)とあまりに強力な北京放送(7190KHz)の2局です。

それぞれ、周波数が7MHz台なのでDC受信機ではまともに飛び込むのも無理はないかなと思いますが、あまりにひどいです。19:00ごろからは受信なんてとてもできません。

そこで、受信部のフロントエンドの改良に乗り出しました。

PIXIE2などでは、水晶1つのフィルタを使っているので検討したのですが、VXOで25kHzも動かす私のはちょっと無理。

では、LCのBPFを考えてあっちこっちのホームページをさまよい歩いて見ていたのですが、なかなか希望する特性は期待できないようです。

なにせ、アマチュアバンドから北京放送で90kHz程度しか離れていません。この離れ方が中途半端です。もっと離れた中波AMにはLCの一般的なフィルタで対応できるのですが・・・・

<TRY1>アンテナ〜RF段の複同調化

サトー電気 DC受信機は最初の初段に3SK141のRF段があるのですが、この入力がFCZコイル1個、NE612につながる出力は、FCZコイルを2個使った複同調になっています。

「入力側を叩かなきゃダメだろ?!」と言う事で、入力側にFCZコイルをもう1個追加して複同調にしてみました。

2個のコイルを5pのコンデンサで繋ぎましたが、結構効果あります。

明らかに北京放送の音は小さくなっています。

が、それでも「かぶってる」って思いっきりわかります。(なにせもともと、ラジオ並みに聴こえていたので・・・)

<TRY2>ノッチの追加

要は、北京放送だけをなんとか押さえ込めれば解決するわけです(平壌放送もあるが・・・)

なので、北京放送を押さえ込むノッチを追加することになりました。

アンテナ〜RF段の入力に繋がる所にポリバリコンと以前作った(サトーDC受信機キットの1部品)コイルで並列共振回路を作って挿入してみました。

これは効果テキメン!!

ほとんど完璧に北京放送を抑える事が出来ます!!

が、ちょっと同調が狂うと、本来の信号まで聴こえません(^^;

今はバラック状態でつけてありますが、後でダイヤルを表に出して調節できるようにしたいと思います。

BT-・・・−

まだ、検証はしていませんが、これらの対策はそれなりに挿入損失があったりします。

事実、アマチュア局が全然聴こえない!(夜って国内の強力な局すくないのかしら?)

場合によっては、RF段をフィルタの後でもう1段追加する必要があるかもしれません。

まずは、速報まで・・・

で、いつ交信できるのだろ??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

1KHzずれ

ここんとこ仕事が忙しくて、土曜日ぶっちぎりで働いていますが、トランシーバ微調整しました。

「ゼロイン」はやっぱ大事だよね!って言うことで送受信周波数の確認・・・

う〜む1KHzずれてる。。。

RITにバリキャップとダイオードSWを使っている回路なのですが、「ここがTX/RX ±0」のとこが

周波数カウンタ使って調べるとどーもズレてます。

それと、RITに使っているボリュームに少しガリがあるのか、イマイチスムーズに変化してくれてない・・・

こっちは、とりあえず800Hzずれればよいので次回に譲って、TX/RXの周波数ずれを修正しました。

これでどーにかQSOに結びつくかな?

このご時勢1KHzはでかいズレと見た!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

しおかぜ

http://www.chosa-kai.jp/shiokaze.html

実は私、アマチュア無線以前からコソコソ短波放送なんぞも聴いていたのですが

最近でも、ソニーの短波ラジオで北京放送、ラジオ韓国、KTWRとかの日本語放送をちょこちょこ聴いています。

昔と違い、政治色が極端なのは北朝鮮くらいで、あとは御当地色はあるものの「ふつ〜」に楽しめる内容が多いのでニッポン放送ほど軽くは無く、NHKほど硬くは無いって感じで聴いていました。。。

で、上のURLにある「しおかぜ」・・・

久しぶりの、新規日本語放送ですが。。。

うわさの「特定失踪者問題」の被害者の方々へ語りかける短波放送です。

あまりに聴いていて辛い・・・こんな切羽詰まった放送あったろうか?

こんな、聴いていて辛くなる放送は初めてです。ノイズがひどくて聞けない部分もあったのですが(マンションの中だし)その被害者に語りかける内容ところどころに出てくる「だまされそうになった時は・・・」って

「この時代にまだ国家による、虚偽ってありかい!」って思ってしまいます。(多少はあるんでしょうが)

まぁ、いまどき短波放送をどの程度の人が聞いているか疑問ですが、少しでも早く解決する事を祈っています。

(ウチの田舎の方の人も居るみたいだし)

しかし、短波放送聴いていて思うのは、。。。

「世の中広いですねぇ」

インターネットだけではこうは思えない・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

外国に行ってみたい!

不意に、今の閉塞感を なんとかブレークスルーしたい時、環境を変えると気分一新まったく新しい気分で物事進められる。

以前も、悶々としていたとき、不意に振ってきた海外勤務で随分救われた。

環境が変わった辛さもあるのだけど、それ以上に今まで知らなかった、経験したこと無かった事を知る、やってみる、出会ってみると言う事は、あまりに新鮮で、刺激的で、また心の底から喜ばしいものです。

ここ一年作ってきたトランシーバでそんなきっかけが出来るかな?!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

思春期か?ウチがほしい

もーすぐ35歳。(来週)

まぁ、危なっかしいながらも とりあえずサラリーマンしてます。

不意に、「家がほしい」などと考えてしまった。

最近では、若い頃考えていた事もそこそこ達成して、目標を失いつつあり、毎日ダラダラとすごしてきたが、ここはひとつそのカンフルとしても考えていいかな?と思ってます。

不安を言い出すと、これからもこの景気続くのか?とか今の会社で居続ける事出来るのかとか色々ありますが、不安ってあって当たり前なんですよね。

なんか力があるわけでもない、声がでかくて厚かましく生きられる方でも無い、どっちかって言うと「目指せ低空飛行」の私ではあります。

さてさて、どうなりますやら・・・

BT。。。

夜、色々考えてて思うんだけど、以前タイ勤務の時に夜よく考えていた事・・・

もっと自由な生き方があっていいんじゃない?

ありがちな、平々凡々なエンジニアの会社員人生。。。

元手も無しでも、そこそこ生活できるお金に手厚い福利厚生・・・・昔の私が望んではいたものですが。。。

また、長年勤めていれば、なんとなく先輩ずらして ふんぞり返ってればなんとかなるわけなんです・・・

しかし、これと引き換えに、毎日ハングリーに熱く生きる事はすっかり忘れてしまいました。。

とは言え、じゃこれを目指してみようとか言っても 出てくるのはどっちかって言うと、安定志向の象徴のような

家・・・・

矛盾してますよね。。。

これが歳を取ったということなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »