« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月18日 (水)

受信部シングルスーパー化

最近、帰りが夜遅くなってきて、DC受信機では全然使えない私になってきました。(BCのかぶり時間)

原因は強力放送波に対して、NE612のギルバートミキサが耐えられないと言うのが原因だそうで

ひとつの解決策としてはダイオードによるDBMにしてしまえば良いそうなのですが、せっかくのNE612の利得がなくなってしまうこともあり、いっそシングルスーパー化を考えました。

DSCF0007 回路図を見るとNE612の前のコイルが複同調に成っているところから切り離して、IF段に渡す事が出来そうです。

ここから、引っ張り出して周波数変換、クリスタルフィルタ、IF増幅、そして元のNE612に戻せばシングルスーパー化となります。

当然、今あるNE612は局部発振&復調用になりますのでLC発振から水晶による発振に改造します。

でその、IF段の回路ですが・・・DSCF0009

手書きで申し訳ない(^^;

ダイオードDBM(簡単そうだったから)による周波数変換の後、水晶3段による、狭帯域のクリスタルフィルタに入ります。

クリスタルフィルタは自作派のホームページを見ていると5段程度の物が多いようですが、3段と控えめにしました。

もともと、サトーDC受信機はAF段に良好なアクティブフィルタを構えているので、「甘めでいいかな(^^?」と言うのが理由です。

で、IF増幅ですが、ここは2段=60dB程度は引っ張りたいところですね。

昔から、高1中2と言う位なので、これで考えました。これも元がDC受信機で、AF段で結構な利得で引っ張っているので、あまり無理に引っ張る必要は無いかなと・・・(ハムのトランジスタ活用なんか読んでると120dBくらいですが・・・)

簡略化&発振を恐れて、ココはIC化します・・・がこの御時勢、IF増幅だけのICなんてなかなか無い!

サトー電気の広告と、昔の「電子回路ハンドブック」を片手に探しまくると、昔のICでTA7061を見つけました。

70年代のトランシーバーでは良く使われたようですが、今ではすっかり廃品番です。サトーではまだ手に入りました。

このICひとつで2段増幅が出来、60dBの利得が期待できます。ちなみに1段増幅のTA7060は今でも売ってます。これ2個の方が安い(^^; でも、小さくしたいので、TA7061で行きます。

で、組みあがったのが次の写真。DSCF0008

自分でも意外なのですが、「小さい!」&「簡単!」やはり、歳のせいもあり技術力上がった?!(笑)

プリント基板は高周波用と謡われているメッシュアースの蛇の目基板にしてみました。でも、2/3くらいの面積になってしまいました(^^;;

さて、あとはVXOの周波数変更と送信用の局部発振&ミキサの製作です。

送信用の局部発振&ミキサは以前買ってきたTA7358でズボラしようかなと思います。なんせ安いし簡単ですもんねぇ〜(そのとき@78円)

局部発振、VXOの周波数の予定は以下の通り。

VXO:水晶18.1MHz(2個でS-VXSO)

局部発振&クリスタルフィルタ:11.059MHz

です。どちらもサトー電気でそろえられます。18.1Mの水晶はちょっと高いです。

11.059MHzは1個160円でリーズナブルです。

VXOの改造&送信用ミキサ&局部発振は次回の休みに製作します。

それまでは、遅い晩御飯食べながらコイル巻きですな。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

海外への夢

ここんとこ、(昨年の11月から)延々と土曜日休日出勤が続いていて、正直クタクタな私です。

今日は日曜日の夜ですが、久しぶりに「北京放送」を聞きながらパソコンでインターネット覗いたりしています。

仕事が忙しすぎると、ストレス溜まって、つい鬱っぽくなっちゃいますが、そんな時海外の短波放送は気分の切り替えが出来てよろしい!

なんでやねん?!って方の方が多いでしょうが、やけ酒飲みに言って聞けるor話す 話はやっぱりいつもの愚痴愚痴口・・・結局、ストレス増えたりして(^^;

そのてん海外短波放送は、まったくの別世界の話をいかにも「遠くから聞かせてるぞ!」と言わんばかりのノイズとフェージングを伴い聞かせてくれます。

なんとなく夢が見れます(^^) (もう、だいぶくたびれたおじさんな私ですが・・・)

へぇ〜中国の流行は ・・・なるほどねぇ〜 とかICFSW40

北朝鮮・・・・「あいかわずねぇ」とか・・

台湾・・(最近、興味あり) 「賑やかね(^^;」

別世界をちょこっと覗きに行くの大好きなんですよ 私!

以前、タイで現地語がさっぱりわからない頃、デパートで冷や汗かきながら買ったSONYのラジオが、最近また大活躍です。

あの頃は、日本語に飢えていて、週末の落語を聞くために買ったようなもんですけど、今は日本よりも海外への夢で聞いています。勝手なもんですねぇ

-・・・-

そうそう、最近以前作ったトランシーバの改造を本格的に始めました。

今度は受信部をスーパーヘテロダインにします!

なにせ、DC式では夜、BC帯のかぶりで使えません、家に帰るのが毎晩23時の私には致命傷です。

IF部は今日までに完成したので、また少ししたら紹介します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

プリセレクタ

http://www.cqpub.co.jp/cqham/cq.htm

今月号のCQ誌買われたでしょうか?

テクニカルセクションのところで、7MHz帯用のプリセレクタが出ています。

以前、私が作ったBPFと同じ回路ですが、コイルだけがちょっと違う。トロイダルコアが

私のはT50、CQ誌のはT106とさらにHi-Qのコイルが使われています。

T50でもQ=200くらいいけるので、大丈夫かな?と思っていますが、なかなか参考になりました。

高級と呼ばれるトランシーバ使っていても、BPFっているんですねぇ〜

昔、FT101で全然、混変調気にならなかった私って鈍感?

ちなみに、私のほうは記事を参考に思い切ってBwを狭めてトランシーバにインストールしてみました。

-6dB程度の挿入損失があるらしいのですが、体感はそれ以上かな?!

でも、とりあえず夜のBC帯はばっさり切れます。

この調子だと、競馬放送が聞こえる事もないかと思われます(汗)

ちなみに、私が利用したのはCYTECでダウンロードできる、計算ソフトを使用しました。

http://sug.dip.jp:8080/tokushima/cytec/Jisaku_Izumi/ji_f003.htm

DOSが走っちゃったりしますが、なかなか便利です。

色々定数を変えてみるとなかなか楽しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は仕事

例年QSOパーティの時はロクな事がなく、昔開局した頃も風邪ひいたり、雪でアンテナ切れたりして出た事がありませんでした。「今年こそ!」と思ったのですが、、今仕事中だったりします(^^; どうも御縁が無いらしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »