« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

1日1交信・・・

挟帯域クリスタルフィルタを入れたリグは聞こえ方違いますねぇ~

全体にノイズが抑えられて、選択度はSSBとAFフィルタくらいしか知らなかった私には、革命的です。

このおかげで、聞こえてくる信号は これまで練習していた「CW練習CD」と極めて似通った雰囲気になります(^^)。いろんな局がいっぺんに聞こえてきて\(◎o◎)/!っとなる現象は無くなります。

と、まぁ言うわけで本日1局交信できたぁ~6エリアの局でした。

599BKだけの交信なのに、全神経尖らして電信叩いているので 途中で緊張の糸が切れて間違えるわ、受信が途中でわからなくなるわで恥ずかしい状態ですけど。。。2006_11250001

この緊張感はなんなんでしょうねぇ。しばらく続くのかなぁ(^^;

慣れるまでは、遅い局を探してはトライしていきます。。。

面白いことに、今日交信したこの局、その後SSBで出ていたので呼んでみましたが、全然取ってもらえません。同じ10Wで呼んでいるのですが、今日ではSSBで10Wと言う電力はQRPなのかもしれませんね。CWは一発でOKだったんですけど。。。ちなみにその局は500Wに3エレ八木だとか・・・アパマンには絶対無理な話ですね。

そうそう、自作のマイクに風防代わりに100円ショップの毛玉を取り付けてみました。なかなかFBです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

クリスタルフィルタ装着!

今日は、仕事が遅くなってしまい。帰ったら23時でした。。。

でも、オークションで落札した、「TS-520CW用クリスタルフィルタ」が到着してた!

思わず、夕食もほどほどに夜中0時から半田付け!!

で、途中ねじを トランシーバーの中に落っことして、大騒ぎしながらもなんとか装着完了!!!(この辺で0:30)

スイッチを入れて受信してみると~ なんと、これまでとは違い、ちゃんとCWの局が分離されます!(当たり前だが・・・)

重なって聞こえてきたりしません(^^)

う~んなるほど、挟帯域フィルタって意味あるわ。。。

でも、周波数あわせがシビアですね。1KHzもずれるとかすれもしない・・・(これも当然か(^^;)

なかなか、良い買い物でした。

でも、ちょっと気になるのは、SSBフィルタで聞くよりSメータの針が2つくらい落ちること・・・

ノイズもえらく減ってます。。

これって挿入損失でしょうか。。。まぁ、常識で考えて3KHzのフィルタと500Hzのフィルタ。。。

挿入損失が6dBくらいあっても当たり前か?!

ついでに、あのヘリコプターノイズが ちゃんと分離されて聞こえるのには笑っちゃいましたけど。。

変調の掛かってないパルスだったんですね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

アマチュア無線は朝型か?!

ブログのデザイン変えてみました。

男っぽくなりました(^。^)y-.。o○

仕事柄トラック作ってるもんで(^^; トラック乗りのみなさん、私のボーナスの為トラック買ってください(^^;;;

そんなことはさておき、今日(日曜)は一日 7MHzCWをワッチしていました。

ここんとこ、ず~っとラジオ代わりに流しっぱなしなのですが、あることに気がつきました。

「アマチュア無線家は朝型?!」

だいたい、朝6時くらいから賑やかになってきて(DXの人は4時くらいから?!)午前8時~10時くらいはピークなのか、バンド一面ですごい混雑です。500Hzか1kHz刻みでびっしり並んでいます。

で、11時半~お昼は 出ている局が一気に減ります。。。お昼ご飯タイムなのでしょうか?

で、午後。。午前よりは局が少ないですが、ロングろ~~んぐラグチューをしている局が多いですね。それはもう、エンドレスに延々と送信しています。(QSOしたいなぁ~と思っても入る余地無し(^^:)

そんでもって、夕方。。。国内のスキップと共にみんな消えていきます~

毎週そんな感じ。。。

3.5MHzに行くと、どっちかって言うと夜の方が賑やかですね。

こっちもSSB、CW共にロングラグチュー組みがエンドレスで交信を続けています。

それと、7MHzSSBで気がついたのが移動局が多いこと。

昔より少ない気がしますが、それなりにびっしりと各局賑やかなのですが、以前に比べると圧倒的に「移動運用です」と言う人が多いです。 これは住宅環境の為なのでしょうか?

いやはや、なかなか皆さん健康的です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスタルフィルタを探せ~

と、昨日の初CW QSOでこれはいかんと思ったのが、フィルタがSSB用のままである事。

なにせ、3~4局が同時に聞こえてきます(>_<)

初心者には、ほとんど無茶な状態です。SSBなら昔ならした「耳フィルタ」も効きますが完全にお手上げ。。。です<(_ _)>

とまあ、言うわけで 今時・・・と、思いながらもTS-520の500HzCWフィルタを探すことにしました。

そしたら、なんとあるんですねぇ~

出てくるのは、

1、Yahoo!オークションでたまに出てくる純正品

2、同じくオークションでたまに出てくる八雲通信の互換品フィルタ

3番目はなんとアメリカでまだ生産している互換フィルタ! 

この互換品フィルタを今も生産しているのは、驚きです。International Radio というとこなんですが、ホームページをよくよく見ると、往年の名機のフィルタがほとんど揃います!

旧型無線機で再開局を考えている方とか、レストアをされている方はぜひ一考されては?

今回は、Yahoo!オークションで出てきた八雲通信の中古です。結構高かったです。。。

そういえば、アメリカに行って買いたいものに「昔のハンディー機の電池」ってのがどっかの本にも書いてありましたが、アメリカのアマチュアは物持ちいい人多いんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

CW初QSO\(^o^)/

と、まぁ言うわけでやっと、初CW QSOが出来ました。

苦節2年!

アマチュア無線再開を再開を考え付いてから、試行錯誤の末、当初の目標である「CWでQSO」までこんなに掛かってしまいました~(ヘトヘト)

SKED組んで相手していただいた JE1RZR さま ありがとうございました~m(__)m

しかし、まだ、受信がついていかなぁい~(>_<)

せっかく、打ってもらっているのに、最初10~20秒くらいのところでついていけなくなります

集中力もさることながら、CDで練習のときと実交信では雰囲気随分違いますね。

いつも練習中はさらさら出てくる符号も、いざとなると舞い上がって全然ダメ。

それと、挟帯域フィルタの必要性納得しました。こりゃないとダメだわ。。とりあえず、は町田のサトー電気に走っていって、AFフィルタでも即席で作ることにしましょう。

あと、ブレークインの意味がやっとわかった。なるほどこれは便利な機能だわ。。。

そんなわけで、なんとか初CW出来ました~

と、いうわけで今日のお昼は「めでたい」と言うことでお寿司だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ラジオネタをもうひとつ・・

いっちょ、短波放送も聴いてみるかと ちょびっと思っている人へ。。。

私は、ソニーのちょっと前まで出ていたICF-SW40ってのを使っています。(当時18000円ほど)

安いほうのBCLラジオですが、このブランドがそうさせるのか 正直「ラジオ」としては高いです。

それ以前に海外往復のスーツケースの中で転がりまくりながらも、頑張ってくれていたのは 格安ホームセンター売りラジオで有名(?)なANDOの12バンドものでたった2300円(当時)です。02_ra_068s_img01

これは中国製の”安物”の類といえばそうなのですが、実によく聞こえました。(品質感ってのは無いけどね)

出先の海外でラジオ日本を受信するにはもってこいでした。またVOAにBBCと別にSONY製と特に変わる事無く聞かせてくれました。。。

そこで、ぜひぜひ 最初の一台としてこの手の中国製格安短波ラジオをお勧めしたい。

まぁ、飽きちゃっても 聞くの辞めても、また利用頻度が極端に低くても、値段が安いですからあまり痛くありません。

だからと言って、性能が悪いわけでもありません。。(はずれはあるかも・・・)

そんな 中国製ラジオの比較ホームページを見つけました。。

なかなかリアルな情報だと思います。

ANDOのホームページを見ていると、短波ラジオのタブがついて種類が結構増えてます。

こっそり、この手のラジオでBCLしてる人が多いのでは?!

ANDOのCMをするわけではないですが SONYPANASONICだけが使えるラジオじゃないよと言うことで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

アンティークラジオ

実は私はラジオを聴いているのも好きだけど、ラジオを「観て」いるのも好きです。

ラジオを「観る」ってのは変な話なんですが、たとえばこのホームページポータブルラジオなんか素敵でしょ?

トランジスタラジオにしてもこの「ラジオ工房」「ラジオ資料館」にあるソニーラジオなんてイカシタ デザインですよね。。

とまぁ、ラジオがまだまだテレビより主役で、イカシテタ時代のものってなかなか好きです。

最近はアンティークラジオとして、真空管の卓上型のものに人気があるようですが、私はいわゆるポータブルタイプにひどく惹かれます。

特に電池管ポータブル~トランジスタラジオ初期のものですね。

当時の「ヤング」が手にして歩いていたのでしょうが、そうやってこのデザインを見ていくと、コレって今の携帯電話の雰囲気に似ていませんか? 笑われるかも知れませんが私はそう思っています。 共通項としては「その時代の個人持ちアイテム」でしょう。

いつの時代も、いつも持ち歩ける小道具はつい凝ったデザインのものにしてみたい欲求がありますよね。そりゃ実用品として割り切っている人も居るでしょうが、昨今の携帯電話の百花繚乱の様相を見ていると、やぶさかではないようです。

さらに、古い時代からのこの手のものだと、喫煙道具ですかね。。

さて、話を元に戻しますが、ここんとこすっかり実用品としてテレビ以下のオッサンの、また、非常用のつまらない道具の立場で甘んじてきているラジオですが、ソニーのホームページを見ていると、最近そうでも無いようです。これ。最近発表になった機種ですが、ここ30年くらいの極めて実用的なデザインが多い中では、なかなか洒落てますね。

NHKのラジオ深夜便を聞く人も増えていると言うし、ラジオも多少 復権or見直しでしょうか?

そういえば、私は毎朝ニッポン放送聴きながら 自転車通勤です。

もっと、ラジオも面白い番組が出てくると良いのですが。。。。

娘の作ったラジオも子供に取っては面白い番組が無い為に イマイチ稼動率が低いです。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

空回り~

土日は色々頑張ったよ~

朝5:00に、接続が外れかけてSWRが上がっていたアンテナをあわてて直してQRV準備。

で、交信してくれそうな局を探して ひたすら受信・・・

途中に家事こなしたり、子供(長男5歳、次男3歳)と電車でGO!を合間にこなしつつ。。。(^^;;

で、キーを叩こうとするが、意外にタイミングがつかめない。。。

速い局は 599 5NN BK 599BK TU EE と あまりな速さで交信が進んでいきます。

で、これはいけそうかな?と言う 45文字/分 クラスの局はラグチューしているのか全然、QSOが途切れません。。

なかなか、業を煮やして7020あたりで こっちから おそ~い CQを出すものの ゼンゼン反応無し。。。

でもCL と打つと、 しばらくして 別の局がCQ出してる・・・どういう事コレ???

と、言うわけで、今週はQSOには至らずでした。

もっと、速くないとダメ??

7MHzは初心者に厳しいか???

どなたか、相手していただける方募集しま~すm(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

CW出るぞ

と、いいつつ朝6時から 超ど緊張の私です(^^;

おそ~い局を見つけているのですが、先程「こ。これはと言う局」を発見!

教科書通りのQSOだ。安心ぽいぞ。。しかも、遅い(←これ大事)

とりあえずTS-520Xのヒータースイッチを入れ、例文集にもう一度目を通し覚悟してる、今年36歳の自分(^^;;;;

なんか情けないぞ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

TS-520復活!

Q10 イマイチ調子が悪かった我が家のTS-520Xでしたが、本日復活!!しました\(^o^)/

不調なとこは、出力が14M以上で出てないのと、ALCのメータがピクリとも動かないの2点でした。

ALC周りは、TS-520では結構弱点なポイントらしくて、ALCをコントロールしている、RF基板の「Q10」 2SC856が劣化・故障しているパターンが多いそうです。(写真の真空管左小脇の金属ケースのTr)

ネットで探した、マニュアル類を見ていても気がついたのですが、76Vくらい掛かってたりして小型のTrですが結構、高電圧で使用しています。 また、ドライブ真空管12BY7Aの直近ですので、熱にもさらされています。

真空管、Tr混在ってのもあまりよろしくなさそうですね。 「電熱器」の横にTrを配置するのは劣化の面でちょっと・・・ですよね・・

で、今回はネットで手に入れたマニュアル(英語版)をもとにまずは電圧チェックをしようとテスターを差し込んでグニグニしてました。

まずは、もし有ったら嫌なドライブ12BY7Aの高圧チェック。これも結構、高圧が出ていなくて故障してたという話がネットで出回っています。

・・・問題なし。ちゃんと300Vラインは生きています。

で、じゃあ、これはALCの「Q10」Trだなということで、テスター棒を入れてチェック・・・ベース側はOK。エミッタ側はどうかなと思い、「入れにくいなぁ」と思ってグニグニTrをやってたら、エミッタが基板から抜けた・・・(^^;;;;;;;;;

半田が外れてたみたいです(おいおい)

とりあえず、裏ケースをはずすと半田ゴテが届いたので、なんとか半田付け。。。で、電圧チェック!OKです!!

出力を終端電力計で見てみると3.5M~28Mまで15W近く出ています(^^) (オーバーパワーじゃないのか?)

この調子だと、心配していた真空管の劣化もなさそうです。

いやはや、なんとも簡単な結末でした。。。まさか、半田不良とは・・・思いもよりませんでした。。。

最初は、このALCのTrと真空管どうしようかと、Yahoo!オークションで頑張ってましたけど、悩み一掃です(^^)

さぁて、あとは受信系のトラッキングをもう一度確認することにしましょう。(この調子だとあんまし問題なさそうだけど)

意外に、簡単な結末でしたと・・・(ちゃんちゃん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

久しぶりに大阪へ行ってきました

たまには、大阪行って羽を伸ばしてこようと、母校の学祭にあわせて夜行バスでお供のチビと2人でお出かけしました。Photo

長距離の移動となると新幹線、飛行機となりますが、この夜行バスが第3の手段というか、結構利用者多いですね。

一昔前なら夜行列車なんでしょうが、今となっては本数が少ないし、切符取るのも利用者殺到で意外に難しいです。

JRバス系のサイト日本バス協会JTBの高速バスサイト

この夜行バス、最近は豪華なもの、格安なものといろいろ出ていまして今回私が利用したのは行きは、東京→神戸8600円の豪華版、帰りは大阪→東京(東名大和で途中下車)で5000円格安版にしてみました。

8600円の行きは、なるほど気が利いていて、シートはフルリクライニングにシートヒータ付き、レッグレストにフットレストで1列の配置でグリーン車状態、その上に毛布もあるしスリッパあるし、セルフだけどコーヒーもある。朝になればお絞りが配られると至れり尽くせりです。

で、帰りの5000円は普通のバス。一応シートはリクライニングだけどそんなに倒れない。でもまぁ、新幹線で寝ろと言われるよりかなり楽♪ 正直そんなに不満は無いですね。

そんなこんなで行きも帰りも爆睡して、現地では朝~夜まで遊び廻り 濃厚な1日親子旅行ができました。

Photo_1 N_1 で、行った先の学祭ですが・・・

まず、ロボットコンテストを見て、次は鉄道研究会でNゲージの展示&操作で楽しみまくり、あとは模擬店で食べ歩きってとこですね。

そういえば、一昔前は無線の公開運用ってのもあったと思ったのですが、聞いてみると 今現在アマチュア無線をやっているクラブは無いそうです。

その代わり昨今は自作ロボットブームだそうで、2足歩行やら4本足戦闘ロボット(写真の物)が流行りだそうです。時代も変わりましたね~

フリーマーケットもあったのでいってきました。

そこでは「ムシキングカード」と「電車でGO!」「2ハンドルコントローラ」を計400円で購入!これは安い買い物でした。虫好き、電車好きのチビにはちょうど良かったです(^^)

そのほか、ガチャガチャでなんと400円のおもちゃトランシーバも買ってみました。戦利品は写真の通りです。Photo_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »