« マーカーも付けてみる。 | トップページ | 今日は2局交信・・・だけど »

2006年12月 9日 (土)

Transceiver Kits > Kits > Ten-Tec, Inc.

リンク: Transceiver Kits > Kits > Ten-Tec, Inc..

ネットを回っていて気になったのがこちらのキット。。

TENTECと言えば、あまりに有名なのですが、日本には代理店が無く、個人輸入orアメリカ行ってる人のお土産(?)しか手に入れる方法がありません。

でも、結構魅力的なキットを出してるんですよね。

しかも、リーズナブルな値段で!

もうひとつ、受信機のキットですが、http://radio.tentec.com/kits/Receiverのページも魅力的ですよね。

私は、再生式受信機の#1253なんて「いいなぁ~(*^^*)」なんて思ってしまいます。

既製品の無線機は行くとこまで逝ってしまっているので、こういう素朴&いじる楽しさを持っているキットを見ると、たまりませんね。。

私はどうも、遅れて出てきた 「ラジオ少年」の血筋のようです。

|

« マーカーも付けてみる。 | トップページ | 今日は2局交信・・・だけど »

コメント

TenTec のキットの話しを(今ごろ2007/1/12)読みましたのでコメントします。
ローカルさんと一緒にW国内の輸出代行業者を通じて 1340 という7MHz/CWのトランシーバ・キットを購入、製作しました。
結果については FWD-NET のパケット通信の掲示板で QRP@JPN で検索してみてください。
単刀直入に言えば、このリグはそのままではQRHで使えません。私はセラロックを使ったVXOに改造してしまいました。こうすれば問題は無いし、丁度使える周波数のセラロックが市販されています。
いつか7MHz/QRP/CWでお会いできるのを楽しみにしています。
K-1/KX-1/SST/1340/OHR500とQRPにハマっています。

投稿: 田島建久 | 2007年1月12日 (金) 13時38分

#1340購入されましたか!
QRPリグKITとしては、興味大有りです。
QRHがあるのは、そこはそれアメリカンな感覚と言う事で・・・

それにしても、アメリカの無線機kitの話は最近多いですね。

輸出代行の業者ってあるのですね。
私は、ネットのTentecのサイトから買えないものかと、読めない英語を頑張っているのですが。。
それ以前に嫁の許可がでません(^^;;

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月13日 (土) 10時16分

 ついでにもう一言(^^;
 Wの輸出代行業者ですが、日本人スタッフがおいでなので元メーカーへの質問なども代行してくれます。
 手数料は原価の 10% 程を見ておけば大丈夫。その他に送料は別途かかりますが。
 元々ハム機器専門では無いのですが、我々の発注には、非常に親切に対応してくれました。
 ちなみに私が掲載したリグでそのままなんとか?使えるのは K-1/KX-1 だけです(;_;)
 相応に使うとなると全機種何処かをいじらないと不満が出るでしょう。やっぱりアメリカン?かな。
 K-1/KX-1 も“勿論?”自己流改造して使っています。
 TenTec-1340 のマニュアルには、大きく America is Best! と書かれていて笑ってしまいました。

投稿: 田島建久 | 2007年1月28日 (日) 14時47分

それは耳寄りな話ですね。
10%くらいの手数料でやってくれて日本人スタッフがいるなら、それは安心でいい話ですね。

America is Best!ですか・・・
やっぱいろんな意味でアメリカンなんですよきっと(^^;;;

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月28日 (日) 19時12分

 キットが違いますが、怪造?して遊ぶならOHR500が良いです。ただしVFOを直さないとQRHで使い物にはなりませんが。
 これまたアメリカン???
 でも4~5W出るので結構遊べます。
 今朝(2/1 06:30 頃JST)には 4L1 を射止めました。QRP FB と打たれました(^^)V
 ダイポールとQRPでも(私にとっては)凄いDXが少しづつ増えています。
 興味がおありなら、怪造?QRPリグの画像もありますが・・

投稿: 田島建久 | 2007年2月 1日 (木) 06時22分

http://www.ohr.com/ohr500.htm
↑これですね~
ちょこちょこ「OHR500」という名前は聞いていたのですが、やっとネットで見つけました。
これで5バンドですか~
素朴な「顔」ですが、面白そうですね。。
あんまり、デジタルでがちがちのキットより改造の余地のあるほうが、おもちゃとしては嬉しいです。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年2月 4日 (日) 11時55分

 OHR500の受信感度はマァマァです。
 最大出力を出せば7/10MHzでは十分に実戦に使えますが・・・
 QRHはヒドイ、ダイヤルの読み取りは難しい、選択度はアマイ・・・で良ければ使えるかもしれません(^^;
 私はVFOはオーバーホール?、読み取りはPICによる100Hzステップ周波数カウンタ搭載、選択度はオーディオに600Hzのピークフィルタを組込みました。
 後パネルにはオプションのキーヤ組込み用の穴まであるので、これも自作のPICキーヤを組み込みました。
 これらの怪造?を行なって、現在主に7MHz中心にQRVしています。
 ではでは。

 田島建久 ja1xfa@jarl.com

投稿: 田島建久 | 2007年2月 5日 (月) 06時16分

 今日は。
 その後?なのですが、歳にもめげずKX-1を持って自転車移動運用を楽しんでいます。たいした距離ではありませんが、日向ぼっこしながら、のんびりとCWをたたくのが気に入っています。
 1回2~3時間という短時間の散歩みたいな運用ですけれど自作の短縮ホイップとの組合せで昼間でも中国、韓国、ロシアの3エンティティーと交信できています。
 いつか濱さんと、お会いできることを楽しみにしています。

投稿: 田島建久 | 2007年2月13日 (火) 06時09分

どうもこんにちわ(^^)
最近、自転車移動の方いらっしゃいますね。
こちら神奈川では、湘南の海岸を自転車で移動&運用という方もいらっしゃいます。
かく言う私も、車が無いので移動は昔懐かしいRJX-610(6m)を担いで、自転車で江ノ島移動しています(8km)。

今年は、春がいつもより早いようです。
自転車での移動が気持ち良いですよ~。
そのうち、江ノ島の海岸に7MHzのDP張って移動運用したいんですけどねぇ~
CWの腕がイマイチで大悩み中です。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年2月13日 (火) 21時30分

 今日は。
 たいぶ間があいてしまいましたが、OHR500はその後DDS-VFOを搭載してQRHは無くなりました。
 まだまだ私の現用機の第一線で働いています。

 詳細については、

 http://www.kida-elec.com/cgi-bin/imgboard.cgi

 に投稿してあります。

 このDDS-VFOは私のような使い方では多少使いにくいところもありますが、安定な周波数源としては、なかなかFBです。
 自作機の送受信VFOとしては価格的にも現状では最良と思われます。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島建久 | 2007年12月24日 (月) 13時30分

 今日は。追伸です。

 今年はOHR500を主力機として7/10MHzCW,QRP(Max4W程度)にて運用し、およそ2,100交信を行ないました。
 そのうち海外局がおよそ210交信で約一割もやっています。自分でもこんなにできるのか?と驚いている位です。
 それも近場ばかりではなく東ヨーロッパや北米内陸部ともできています。
 QRP,CWは想像以上に飛びますよ。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島建久 | 2007年12月24日 (月) 13時37分

田島様
結局DDS搭載ですか~
私の周りでも、DDS VFO流行っていますねぇ~
VXOで手軽にやっている私ですけど、ちょっと気が動きそうです。
2100交信って言うのはすごいですね
私はアクティビティが低いほうなので1年で50局くらいと悲しい話です。
でも、CWでは1Wあるとそこそこ飛びますね。
「5W~10Wあれば十分なのでは?」と逆に思ってしまいます。それ以上出しても耳が着いていかないんでしょうね。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年12月30日 (日) 19時39分

 今日は。濱さん。
 あけましておめでとうございます。
 今年も時々お邪魔させてください。

 さて、OHR500+DDSで7MHzでNYPに出ました。
 途中で“ドラゴンノイズ”らしき物が出てきましたので21局ほど交信し終了しました。3日は電話番出勤ですので参加しませんが、リグは順調です。
 ただしコンテストなどでは(というより私の使い方では)このDDSは少々使いにくいです。
 周波数ステップがもう少し粗い方がバンド内の移動には楽です。また複数の利用者からのデータによれば、ロータリーエンコーダを早く回転させたり、ステップ数の多いエンコーダだとデータを取りこぼす、私のリグのようなフルブレークインでは使えない、などの欠点がありますが、約6,000円ですので自作パーツとしてはFBと思います。

QRPリグについて
>でも、CWでは1Wあるとそこそこ飛びますね。
>「5W~10Wあれば十分なのでは?」と逆に思ってしまいます。それ以上出しても耳が着いていかないんでしょうね。

 OHR500をはじめ、私のキットから製作したリグはS/Nが良く“聞え過ぎます(;_;)”
 この局,強いな、と思って呼んでも届かないことが結構あります。トホホです。
 QRZ?は結構貰えるので“信号は判るが交信できる強さじゃない”というところです。

 でも国内(昼間)でしたら、相応の信号強度で聞えた局なら競争相手がいなければ、ほぼ完全に交信できます。
 QRPリグで出す1Wでも大出力機を絞って出す1Wも同じ強さ、の筈ですけど、精一杯頑張った1Wでの交信には感激がありますよ。

 最近の競争者?は大抵50W以上の局なので、相手局は結構苦労してしょぼい波を拾ってくださっている、とは思いますが。

 自分で作って楽しんでみるなら、国内に代理店があって安価で購入し易いSSTをお奨めします。
 「何だ?この回路!」というようなリグですが、信じられないくらい飛びます。

 私はこれと傾斜DPでR1ANTをゲットしています。(未だにカード来ません(;_;)でもネットのサイトで検索すると、ちゃんとJA1XFA/QRPは交信済み、と出ます。このの時リグがSST-40です。)
 Sメータ増設、AFアンプ増設をしましたので、もし購入して作ったら回路図をさしあげます。

 でも何故か、私の米国製キットリグの終段トランジスタは日本製なのです。
 K-1/KX-1/1340/OHR500が三菱製、SSTはNEC製です。肝心のところが日本製っていうのも面白く思っています。

 いつか濱さんと交信できるのを楽しみにしています。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島建久 | 2008年1月 3日 (木) 07時01分

 今日は。
 1340について追伸です。
 このリグのVFOは結構良く放浪?しましたので、セラロックを使ったVXOに怪造して使っていましたが、表示を読みやすくしたかったので PIC 16F84A による3桁のLED周波数ディスプレイを組み込みました。
 アナログVXOとデジタル・ディスプレイの組み合わせはなかなか良いフィーリングです。
 まだ少しスペースがあるので、エレクトロニクス・キーヤも組み込みたいと考えていますが速度調整のVRの取りつけ位置をどうするか悩んでいます。
 OHR500は背面パネルに取りつけ穴まで最初から開いているので、組み込んでみたら速度調整がやり難く閉口しました。DDS-VFOに換装してRIT-VRが不要になったのでこれを速度調整に転用したらかなり使い易くなりました。

 自分で組みたてたリグなので、なかなかこれで良いというレベルに達しません(^^;
 まぁ、それが“自作”の醍醐味でもある訳ですが。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島建久 | 2008年2月11日 (月) 07時03分

happy01なかなか深みにはまってらっしゃいますねぇ~
自作の場合、「コレがゴール」ってのを決めておかないといつまでも、いじり続けますね(笑)私も、DC受信機を頑張る!と言い出して、それこそ次から次へといろいろ試しすぎて、気がつけば1年。。。最近は飽きて、50MHzのAM機を春めがけて作っています。これも最近、昔のパワーTRを手に入れて計画がコロコロ変わって「ヤバい」状況です。

セラロックのVXOってQRH起こしませんか?

投稿: JE1BKC/濱 | 2008年2月11日 (月) 20時10分

 今日は。濱さん。

>昔のパワーTRを手に入れて計画がコロコロ変わって「ヤバい」状況です。

 50MHz なら2SC1306、2SC517 といったところが私の定番Trです。IC-71、RJX-601が動態保存状態なので大切な保守パーツになっています。
 HFのQRP機にも使えますしね。

>セラロックのVXOってQRH起こしませんか?

 通常の室内環境でリグ周辺の温度変化が安定なら“電源 On で即使用可”です。
 1340については汎用4MHzのものがぴったりで可変範囲は最大40KHz程度得られました。
 本当は2端子が良さそうですが、入手できずパスコン内蔵の3端子型で作りましたが問題無く動作しています。

 自作機で使う場合、周波数関係が旨く合わないと使えません。この点DDSは任意周波数を出せるので楽です。
 LC-VFOもそこそこ使えますので、一応選択肢の一つでは、あります。
 周波数の読み取りは“簡易周波数カウンタ内蔵”をお勧めします。PICの書き込み環境が必要ですが、カウンタ本体はせいぜい500円程度で製作できます。
 私はPICでキーヤ(多数)とカウンタ(4台)を作りましたが、この製作のための勉強と製作後の使用楽しみだけでPICのライター(書き込み環境)に投資した金額は十二分に回収できたと思っております。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島 JA1XFA/QRP | 2008年2月21日 (木) 06時28分

 ついでにキーヤを・・・・
 1340にキーヤを内蔵しようか、と考えていましたが、結局止めました(^^;
 100均ショップで3個百円の小型のタッパケースを購入して、それに入れました。
 OHR500には自作の、K-1、KX-1には最初からキーヤが組み込んでありますので、1340にも、と思っていたのですが、最後の小型機SSTには、内蔵はかなり困難と見ましたので、これと共用するために独立したキーヤにした訳です。
 回路はネットで見つけた8ピンのPICチップを使った省電力キーヤです。プログラムから使わない機能を外し、製作しました。
 パドルを離した瞬間?にスリープ・モードへ入り消費電流は数μAになります。手持ちのテスターでは測定困難なレベルまで落ちるので電源スイッチは省略しました。
 長短点の比も個人的な好みで1:3.6ほどに設定しています。
 OHR500には、既にもう少し高機能なチップで作ったキーヤを組み込んでいましたが“モッタイナイ(^^;”ので一つ下のクラスのチップに変更した訳です。
 自分の好みの長短点比で信号が出せるとリズミカルで中々FBです。

 こういった周辺機器の自作も楽しいものです。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島 JA1XFA/QRP | 2008年3月10日 (月) 05時59分

キーヤー・・・結構悩むんですよね。
我が家は、いまだ縦振り全盛なのでなにもつけていませんが、このご時勢エレキーは当たり前でしょ?!と思って資料は集めています。キットでも1000円くらいであるのでそれにしようかなと思ったり、でも肝心のパドルがなんであんなに高いのよ!と思ったりして。。。今日も競馬でパドル買おうとしています。sad

投稿: JE1BKC/濱 | 2008年3月16日 (日) 21時47分

 今日は。濱さん。

JE1BKC Wrote..
>我が家は、いまだ縦振り全盛なのでなにもつけていませんが、このご時勢エレキーは当たり前でしょ?!と思って資料は集めています。キットでも1000円くらいであるのでそれにしようかなと思ったり、でも肝心のパドルがなんであんなに高いのよ!と

 縦振りで打てれば最高ですよ。
 でも、疲れず綺麗な符号を送出するとなるとエレキーの方が圧倒的に楽です。
  キットの内容が満足できれば、それで宜しいのでは?
 QRP移動好きの仕様だと簡単なメッセージ送出機能が欲しいです。それと低消費電力、符号のウェイト可変もできたら良い・・・で、結局自作になっちゃいました。
 市販品の些細な不満を我慢しつつ使い続けるより、私は「現状に不満はあっても将来改善・解決できる可能性がある自作機」の方を選びました。
 今のところ自作キーヤにメッセージ送出機能はありませんので、次の機種には組み込んでやろう、と思っています。PICで作ればソフトの変更だけで機能アップができてFBですよ。

 田島 JA1XFA/QRP

投稿: 田島 JA1XFA/QRP | 2008年4月 5日 (土) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99463/12998073

この記事へのトラックバック一覧です: Transceiver Kits > Kits > Ten-Tec, Inc.:

« マーカーも付けてみる。 | トップページ | 今日は2局交信・・・だけど »