« CW特訓特訓・・・ | トップページ | レーザー(ネタ違いか?) »

2007年1月28日 (日)

DC受信機に「再生」をかけてみたい

http://www5.ocn.ne.jp/~portable/home.files/book77.html

↑以前もちょこっと紹介した、このホームページの第5図。Regrf

ちょっと回路図を頂いてきて右にのせてみましたが、興味をそそりますねぇ~

真空管なのはさておき、これをFETに置き換えて考えると、ドレインからVCで帰還をかけると出来そうです。

以前製作のDCトランシーバーなのですが、RF段~検波段で同調回路3つもあるにもかかわらず、夜の北京放送はガンガンに聞こえるわ、昼は昼でラジオ日経の競馬は聞こえてくるわと散々でした。

せっかくある、RF段も利得をかなり抑えて使用することになってしまい、「なんの為にあるのだろう?」って事になってしまっていました。

ここは、「トロイダルコアのBPFでアンテナ入力で押さえ込んでやれ」と思いましたが。。。北京放送は全然ダメ。。。周波数が接近しているせいか、BPFの中に入っちゃうようです。。帯域を思いっきり狭めると減衰が大きすぎて肝心の信号が聞こえなくなっちゃうし。。。

なんとか減衰を避けて、Qの高い方法はと思って半ばあきらめ半分探していて出てきたのがこの回路です。

これで、解決すれば。。。と、今ものすごい期待をしています。。。(期待しすぎかも)

来週くらい乞うご期待!!

|

« CW特訓特訓・・・ | トップページ | レーザー(ネタ違いか?) »

コメント

こうやって考えるとメーカーの機械はよくできているなあと改めて感心しますね。外付けBPFはよほどうまく作らないと効果は薄いようですね。材料(シルバードマイカコンデンサ)でしょうか?

投稿: JE1RZR | 2007年1月29日 (月) 22時04分

そうですねぇ~
やっぱし、スーパーの受信機ってのは歴史的にも、ストレートであれこれやった末に出て来たそうですが、納得してしまいます。

BPFですが、普通のセラミックコンデンサを使用していました。。よっぽど不良じゃない限り、コンデンサのQよりもコイルのQの方が遥か低いはずなので、これで良しとしていました。
ほんとなら、マイカコンデンサを使いたいとこですね。
でも、そろそろ生産停止で値段も上がっているようです。。↓

http://www2.cyberoz.net/city/hirosan/cap.html

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月30日 (火) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99463/13696010

この記事へのトラックバック一覧です: DC受信機に「再生」をかけてみたい:

« CW特訓特訓・・・ | トップページ | レーザー(ネタ違いか?) »