« 阪神大震災12年と非常通信 | トップページ | CW特訓特訓・・・ »

2007年1月21日 (日)

災害時のアマチュア無線の非常通信

色々、反響があったので「じゃ、どうすればいいの?」ってことで私なりに考えてみたいと思います。。

まず、場合としては、「遭難」のようなピンポイントで発生する小グループ&個人で発生する「救援要請」は省きます。(これは、今でもなんとか出来てるし、最近は陸上であれば携帯電話でもカバーできる)

阪神大震災級の都市型大規模震災が起きた場合を想定してみますと・・・

  ・発生した災害から時間を追う毎に出てくる「通信の分類」。

  ・通信の対象による分類

  ・通信のモードに対する分類

とまぁ、3パターンくらいに大きく見てきました。

これをマトリックスにしてみると。。。

Photo_2 ピンクで網掛けしたところがアマチュア無線が役立ちそう&阪神大震災での実績(?)があったところです。

縦軸の時間を追うごとに、横軸の通信の内容が変わって行っているのが解りますね!

また、必要とされる通信モードも変わって行ってますね。

ここで、ピンクの網掛け部が災害発生「直後」では無く、その後に大きく悩むであろう、「避難所関連」になっているところと、通信モードに「デジタル」が入っているのが味噌です。

個人間の連絡を除く、その他の業務通信は 大掛かりな組織の一部の通信であり、「発信」、「受信」、「まとめ」、「判断」、「指示再発信」と分業体制が確立しています(多少混乱はするだろうけど)。

それに比べ、避難所関連の情報は組織がボランティア、地域自治組織(自治会や隣保とか)を中心としたもので、あっちこっちに出来る割には、組織統制力も無く、情報の質、まとめ能力もイマイチ(ほとんどウロタエてるorブチギレ)です。

そういう事もあり、まともな情報発信者も存在しません。

さらに、そんな状況の人達ばかりで情報交換をしていかねばならないので、情報発信する時点である程度「まとめた情報」を投げる必要があるのです。途中での情報の「加工」能力はあまりアテに出来ないので。。。

アマチュア無線が災害時に活躍できる場としては、この「避難所」関連ではないでしょうか?

救助情報とかは、それこそ組織だったプロにまかせて(どうせあたり一面見渡す限りの要救助状態)、その後に出てきて一番厄介になる「避難所」関連情報の伝達に特化するのが、一番役立つと思います。

その為に我々が今後習得し準備しとく必要があるのは、

1、インターネットと接続可能で電話もOKな「D-STARシステム」のような通信システムの準備(まずは繋ぐ事)

2、通信システムに乗せる情報の「まとめ能力」の習得(情報を整理、加工し伝達する事)

    避難者名簿、物資要求、到着物資在庫情報(入、出庫)の帳票類、DB管理・・・

このうち、1,の「通信システム」の準備は買って設置すれば終わる話であり、また最近はD-STARが出てきて随分 楽に構築できます。

問題なのは2,の「情報を整理、加工する事」これが肝要です。前のブログにも言っていましたが、「何をどう伝えるか?」ここを計画していないと、「子供の糸電話状態」になります。平時の災害訓練に合わせてでも良いので、「名簿」、「物資要求リスト」、「入出庫DB」などの帳票は前もって打ち合わせして準備しとく事が良いでしょう。

アマチュア無線家は「自己訓練」の意味でも、今日の情報通信の常識に合わせた「情報の整理・加工」の訓練も習得しとくべきだと思います。。。会社員で事務関係してる人ならすぐOKでしょう。。

また、アマチュア無線クラブとかの方であれば、平時から地元の自治組織と仲良くしておいて、いざと言う時は、設備一式担いで、避難所に設営、業務開始出来るほうが良いですね。

こうなると、アマチュア無線家も一市民として、平時から地域とお付き合いしておく事も重要になってきます。

イメージとしては、救援救助の「かっこいい非常通信」ではなく、逆に、極めて地道な「市民レベルからの非常通信」これを是非提言したいと思います。

PS : ちゃ~んと具体的な準備してないと、神戸のときみたいに、いきなりボランティア面してやってくる「プロ市民」に食い物にされちゃうぞ! なんで、普段仕事や学業を持ってるはずのボランティアなのに、地域外からしかも平日、昼も夜も災害後何ヶ月も活動出来るの?って考えたことある?!

|

« 阪神大震災12年と非常通信 | トップページ | CW特訓特訓・・・ »

コメント

色々具体的な案、大変興味があり、勉強になりました。
他の、メンバ-にも知らせて、参考にさせていただきます。

>地域外からしかも平日、昼も夜も災害後何ヶ月も活動出来るの?

これ自分もものすごく?????でした。
よほど回り(会社等)の理解が無ければ、不可能だと思うのですが・・・
自分の場合、不可能でした。

投稿: JG2JKR ROY | 2007年1月21日 (日) 18時22分

はじめまして。JK1PHL 上野と申します。いつもブログを楽しく拝見しています。

阪神淡路大震災の際のご経験とご提言を拝読し、いろいろ考えさせられました。プロパガンダではない、実際の声が貴重です。

一般の方に非常通信というと勇ましい話をイメージされ、いえいえ違いますよ、そんなことは教育も訓練も受けていない素人には無理ですよ、と説明に苦労することが多いのですが、「市民レベルの非常通信を」とはまさに正鵠を射たご提言だと思います。

災害時にアマチュア無線が貢献できることは、おっしゃるとおり、ごく些細な被災生活上の通信需要への対応でしょう。「トイレットペーパーを持ってきて」などの「避難所の生活を支える通信」だとおもいます。

もうひとつは「不安を低減するための通信」があると思います。遠く離れた被災地の家族、親戚、友人が無事なのか、声や映像で確認したいと思うのが人情でしょう。また、精神的にも肉体的にも厳しい被災生活を強いられたとき、孤立して絶望し生きる力を失わないよう、人と人の輪を築くことが必要です。そんなところにアマチュア無線が貢献できることがあると思いますが、今の法律のままでは第三者通信が許可されていないので難しいですね。

ご指摘のとおり震災を経験して非常通信訓練が頻繁に行われるようになっていながら、仕組み的には4半世紀前とそう進歩していないことが不思議です。
公助によるもの、自助によるもの、役割を整理する必要があります。
野放し状態ではかえってアマチュア無線が、デマや社会不安の原因になりかねません。電波を出さないことも含めて、ちゃんと考える必要があると思います。

これからもいろいろお教えくださいますよう、よろしくお願いいたします。

投稿: JK1PHL | 2007年1月21日 (日) 19時07分

>JG2JKR ROY様
これって、不思議でしょう?
でも、これの種明かしをしてくれたアマチュア無線家の方がいらっしゃいました。なんと、「ボランティアで生活してる人が居る」だそうです!いわゆる「プロ市民」って方達ですね。「足りない足りない」と言いながらも、膨大な物資もお金も飛び交う状況だと、それこそ「寅さん」まがいの人には願ったりかなったりなんですねぇ~。でも、誰も被災者の人は、その人を止められません。被災者自身が困っちゃいますから。。。神戸の時も仮設住宅を作っても、「私設避難所」を解散させるのに市が随分長く悪戦苦闘してましたね。。新潟ではそんな事なかったようですが。。近隣の付き合いや、自治意識の少ない都会程、この手の人たちが集まってきてしまうようです。

>JK1PHL様
「避難所の生活を支える通信」に関しては、未だあまり考える方が少ないようで、日赤の奉仕団の中にはあるようですが、全体として語られる事が少ないように思います。それこそ、トイレットペーパー一つにしても、大規模避難所(1000人レベル)数箇所の要求、管理をしようとすると結構大変です。ここに入ってこそ被災時に絶大な効果を発揮すると思います。
また、「伝達」する事も狭義に捉えて、糸電話の「糸」になるのではなく、情報収集、整理加工、伝達、配信、管理までの一貫したところまでやらなくては、被災時のニーズに答える事は難しいと思います。ここは、日赤や、市役所などの団体・行政組織と連携を取っていきたいところですね。
「不安を低減するための通信」については、確かにおっしゃる通りだと思います。
ここについては、NTTなども随分努力しているようで、最近は災害後かなり早い段階で緊急電話が避難所に設置されるようになりました。
良いことだと思います。
何しろ、この「不安」こそが、良からぬデマの原因になるのですからね。

それにしても、特に避難所関連の非常時の通信の内容、仕組みや手順と言ったシステム作りに対して何故あまり語られないんでしょうね?

あの時、行政含めて結構懲りたはずだったんですけどね。。。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月22日 (月) 11時34分

この案、結構おもしろいですよね。
市民レベルで、しかも通信の可能性を十分に引き出せると思います。

あとはどこの団体が本当にやってくれるのかですが。

震災の時は結構問題になりましたよね。「プロ市民」どっから出てくるのかわからないですけど。

今も日本のどこかにいるのだろうとは思うのですけどね。
そういや、毎晩のようにHAMA父がボランティアの帰りにウチに寄って帰ったのを思い出した。黄色いジャンパー着てたっけ?

投稿: kawa | 2007年1月22日 (月) 18時49分

>kawaさん
どこの団体ってとこは、やっぱ日赤かな?
信頼の証ですもんね!実際日赤神奈川では「特殊奉仕団」として「神奈川県無線救急赤十字奉仕団」と、「神奈川県情報赤十字奉仕団」ってのが、あります。相互の連携は取れてないようですが、これの連携が取れると、きっと良い相乗効果が得られるでしょうね。

「プロ市民」ってあの時以来一気に有名になったね~。今もどっかにもぐりこんでやってるんでしょうね~世の中にあんなに「寅さん」が居るとは夢にも思わなかった。。世の中広いもんだと思ったよ。

あのときのジャンバーは煤で真っ黒になってしまい、もう1着買っちゃいました。そっちは現在家内がバイク買ったので使用中で~す。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月22日 (月) 20時09分

濱さん、こんばんは。
総務省などの白書をみると、行政や消防などは防災無線として自営の通信網を整備しているようですが、市民の生活支援といった視点はないようです。そのスタンスは、避難所となる公民館や学校、病院と自治体間の通信手段である地域防災無線の整備率にも現れています(H17年度初めで10%程度の市町村でのみ整備)。

この行政が整備している地域防災無線でも、機械を設置するだけで、おっしゃるとおり通信手段をどう使うかはあまり議論されていないとおもいます。

住民の立場から、生活支援の通信手段として、アマも含め、使えるものは何でも利用することを考えておく必要がありますね。

アマ無線やインターネットなどの通信手段は、平時においては地域や世代を越えたコミュニティを形成します。災害時の通信手段としての機能以上に、そのコミュニティの形成機能が、地域の防災力を高めることに大きく貢献するだろうと思っています。

投稿: JK1PHL | 2007年1月27日 (土) 18時53分

http://www.tele.soumu.go.jp/j/system/trunk/disaster/
↑地域防災の内容はコレですよね。。。
わが町、神奈川県藤沢市にも、一応防災無線はありますね。と言うことはその10%の中なのですね(笑)
これも悲しいかな、「生活支援の通信として使えるのかな?と疑問はあります」。

やはり、「ハード」ありきで来ている、ありがちな行政の罠にハマっている感はありますね。
その時の「ニーズ」からシステムは考えていかないと、あまり使えない代物ばかりを並べる事になってしまいますね。

せっかく、12年前の阪神大震災を教訓に現代にならった「ニーズ」は出てきていると思うのですが、整理・活用がされていないですね。

投稿: JE1BKC/濱 | 2007年1月28日 (日) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99463/13597617

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のアマチュア無線の非常通信:

« 阪神大震災12年と非常通信 | トップページ | CW特訓特訓・・・ »