2011年6月17日 (金)

人生第2幕&ブログ終了のおしらせ

お久しぶりです。

但馬で工学の世界を夢見た少年時代を人生の第1幕とするなら

都会に出て新聞屋の住みこみからスタートして、予備校生→勤労大学生→できちゃった結婚→派遣社員→そこそこの会社のサラリーマンになり、ついには海外まで飛ばされるまでに駆け上がったのが人生の第2幕でしょう。世代交代も進み、両親も他界し実家も火事で何もなくなりました。

第2幕のラストでは結局、家族を失って住むところもワンルームマンションになってしまいました。

まぁ、こんな激動の人生もあるさ。。。ということで、

人生の第3幕がスタートさせます。

このブログは第2幕の記録として残します。

皆さま、これまでご覧いただきありがとうございました。

やっぱり、アマチュア無線、BCLの電波の世界は私にとっては楽しい世界です。やめられません。やっぱり活動しています。

バイクの世界にも15年ぶりに復活します。

いずれお空でまた、ツーリング先でお会いしましょう!

Best73&88

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

2球電池管ラジオキット製作記

http://www.radioboy.org/2R-DC/seisakuki.html

↑これほしい。

お願いしたら、タイまで送ってくれるかなぁ~

その前に、バンコクってAM放送あまりやってないのよねぇー

やっぱ短波帯に改造しちゃおっかな~

値段が手ごろだから、色々思案中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

FUTUTRKIT.COM :: HIGH QUALITY ELECTRONIC KITS - HOME

リンク: FUTUTRKIT.COM :: HIGH QUALITY ELECTRONIC KITS - HOME.

タイ製の電子キットメーカーです。

結構種類多いです。

買ってみると、基板のパターンの作り方とかイマイチなとこがありますが、圧倒的な安さと種類の豊富さで「そんなこといいや」と思ってしまいます。

27MHzのトランシーバキットがあったり、PIC利用のロボットキットあり非常に多彩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

バンモーRd

バンコクでパソコンと言えばパンティップだか、アナログ系と言えば「バンモー」なのである。

というわけで、バンモーを偵察に行ってまいりました。

Pict0271

行き方は外国人が多いスクンビットRdからはバスで25番、48番、508番がバンモーに行きます。マッサージで有名なお寺ワットポーの2つ手前のバス停です。ワットポーが見えたら行きすぎです。

Pict0272

通りは、中華街の近くでバンコク市街のど真ん中なので非常に活気があります。

通りに近づくと食べ物の屋台に混じって、修理屋さんの屋台、VCD屋さんの屋台が出てきて、部品屋が出てきます。

Pict0274

バンモーRdからさらに脇の路地に部品屋さんなどの屋台が並びます。多いのはオーディオ関連ですね。スピーカー、アンプなどの屋台が所狭しと並んでいます。タイpopがガンガン流れています。

その中で、「バンモープラザ」があります。かなり見つけ難いですが私は偶然目に留まりましたので行ってみました。

Pict0276

秋葉原の「ラジオデパート」のような雰囲気です。

部品屋さんが並んでいます。

とりあえずここで、FMラジオキットと発光ダイオードのキットを買ってきました。

あと、大事な半田こて(200V用)を買いました。底抜けに安いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

1石レフレックス再生付

レフレックスラジオに再生を掛けることが出来ましたhappy01

元は「ラジオ少年」から発売されている、KIT14 1石レフレックスラジオです。

このラジオは以前TRを2SC380→2SC1815Yに交換して感度を高めました。

次は選択度をなんとかしてやろうということで、再生を掛けることにしました。Dscf2711

写真で見えるでしょうか?トランジスタのコレクタからセラミックコンデンサを介して帰還させています。私はカットアンドトライで5pFを選択しました。

ほんとは調整できるようにバリコンを使えばよかったのですが、場所の関係上固定コンデンサで良しとします。

Dscf2712 バーアンテナには再生コイルとしてポリウレタン線を5回巻きました。コイルのホット側には先ほどコレクタから引き出した線を、コールド側はグランドに落とします。

Dscf2713 元のケースにはきついですが強引に戻します(^^;

で、効果の程ですが再生が900kHzより上で良好にかかります。(それ以下でも効果はあるようだが・・・)

関東の場合、上の周波数でラジオ局が混んでいますのでこれまでニッポン放送しか聞こえなかった上の周波数がAFN、TBS、ニッポン放送、ラジオ日本と分離して聞けます。夜にはなんとチョソンの声に北京放送、他韓国語放送まで聴こえて来ました!

再生恐るべし。。。これまで作った1石ラジオの中では最強です。

で、なんでレフレックスラジオの再生をこんなに頑張っていたかと言うと、これで短波ラジオが作りたかったんですね。今年の湘南台こども館ラジオ製作会には間に合いませんでしたが、コレを2石レフ再生付にして、なんとか紹介したいですね。

短波の聴けるラジオの敷居を低くしたいのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

あきなり君ハンダデビュー

うちの3番目哲成(あきなり:4歳)がハンダデビューしましたhappy01

ハムフェアの帰りがけに秋葉原に寄って、ELEKIT「らじおくん」を買い込みいそいそとrainの中傘もささずに帰り夕飯後製作しました。

初めて、しかも幼稚園年中さんなので、このKITにしたのですが、部品が最初から仕分けしてあってラクチンです。

2008_08240078 肝心のハンダ付けは5箇所くらいつけていると飲み込めたらしく、なんとか1人でせっせと付けていました。

そんなこんなで2時間くらいで(部品点数は少ない)完成!

スイッチON!・・・・あれっ音でない。。。マンションのなかだからか・・・窓際に移動移動・・・無事NHKが聴けましたhappy01

う~ん4歳にしてよくやったぞ~

写真がなんで上半身裸かと言うと、雨で2人とも濡れてしまったので・・・coldsweats01

夜は、ラジオ聴きながら(北京オリンピックの閉会式)寝ちゃいましたsmile

なんにせよ、大喜びでデビューできてよかったです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

MAKE: Blog: Make your own vacuum tubes?

リンク: MAKE: Blog: Make your own vacuum tubes?.

すげぇ真空管自作してるよ~

続きを読む "MAKE: Blog: Make your own vacuum tubes?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

子供の科学4月号

リンク: 雑誌最新刊.

続きを読む "子供の科学4月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

オトウゴキング

Photo439t 以前、科学教材社に行った時買い込んでいた「オトウゴキング」を娘と作りました。

拍手とかの音をすると、直進、右折、左折停止と繰り返すキットでエレキット本社ではすでに製造が終わっていますが、科学教材社の在庫にまだありました。

半田付け2時間、組み立て1時間。。。。半田付けも数回目なのでなめてかかっていたら(私はハムスターのお世話してました(^^;)半田ブリッジしまくり!!パターン確認でそこから1時間で接触とかの組み立てエラーを直してなんとか動作しました~でも、なんかいまいち。。。。

よくよく調べていくとモーターの回転に元気がない。

100円ショップのアルカリ電池を使ったのですがどうもこいつが怪しい。

こないだ、ミニ四駆に使ったときも内部抵抗がでかいのか全然遅いのですよ。。。

やっぱJISマーク入りの電池買ってくるべきかと。。。

電池なんて100円ショップで十分と思っていましたが、性能はばらつきがあるようです。いい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

子供ラジオ製作教室

http://blogs.yahoo.co.jp/takahirohama/37580617.html

近所の子供相手に、運動会をはさんで2日間がんばってしまいました。。。

よく鳴るICラジオ3台できました(^^)v2007_10070065

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧